大手メーカーガラスコーティングについて

世の中には様々なガラスコーティングがあります。

その中でもソフト99のGZOXガラスコーティングは巷では有名な商品です。他のガラスコーティングと何が違うのかを説いていきたいと思います。

GZOXリアルガラスコーティング 「ガラス系コーティング」
GZOXハイドロフィニッシュ    「ガラス系コーティング」
ハイモースコート          「ガラスコーティング」
ガラスコーティングとガラス系コーティングの違い

ガラス系コーティングとはガラスコーティングを他の溶剤で薄めて作られた製品です。その為、ガラスコーティングより性能は低下しますが、施工金額はガラスコーティングに比べ安価に設定されている。
現在は数多くの製品が存在する中でガラス系コーティングよりもガラスコーティングが支流になっております。
ガラスコーティングは紫外線や酸性雨でガラスコーティングが剥離したり、取れてしまうことはありません。ガラス系コーティングは紫外線にとても弱いため、剥がれてしまったり取れてしますこともあるのです。

私が実験した中で面白い結果がでました。
ペットボトルの蓋に溶剤を入れて自然乾燥させるということです。
1カ月で完全硬化するので、1カ月間常温で放置してみました。するとガラス系コーティングはキャップのそこに薄く「1/100程度」の被膜しか形成されませんでした。それもそのはず、ガラスコーティングを薄めて作られたガラス系コーティングは揮発系溶剤が含まれており、1カ月も経つと揮発して残った被膜がガラス被膜ということです。
ガラスコーティングの乾燥をさせるとキャップ半分の被膜が形成されました。被膜が厚いということは塗装面の内部に汚れも浸透しづらくなります。また耐擦り性能や防汚性の観点から見ても著しく性能が向上します。

GZOXの各商品を調べてみました。

GZOXリアルガラスコーティング
GZOXのニューリアルガラスコートは、ガラス系ボディコーティングです。
ガラスコーティングに比べるとガラス系コーティングは耐久性に乏しいのですが、GZOXリアルガラスコーティングに関しては、高い撥水性能と耐久性能・防汚性能を兼ね備えた製品です。
発売当初から多くの方に高い評価をいただいております。
しかし、そうした評価もプロの熟練した知識と技術がなければ品質を保つことは難しいのです。
GZOXリアルガラスコーティングは様々な業者が取り扱っている大手メーカーのガラス系商品です。GZOXリアルガラスコーティングの特徴

GZOXリアルガラスコーティングの特長は、ガラス系コーティングでありながら強い撥水性能と防汚性効果を併せ持つということです。
一般的にはガラス系コーティングは親水性となりますが、長年の研究と独自の技術開発により、撥水性被膜の形成に成功しました。
驚きの撥水性能で塗装面を長期的に保護する優良商品です。

耐候性   紫外線や酸性雨から塗装面を強力に保護。
防汚性   撥水性被膜が汚れを弾き、水洗いで汚れが落としやすい。
接着性   塗装面に強力に浸透する被膜は熱に強い。
耐薬品性 排気ガス等の有害成分で塗装の劣化を防止。
光沢    ガラス被膜特有の透き通った深い艶を演出します。

GZOXリアルガラスコーティングは油性汚れを強力に弾きます。
リアルガラスコーティングは油性汚れを強力に弾きます。
汚れても水洗いで簡単に落とせるようになるため、酸性雨などで塗装面を傷めることなく、長期間美しい輝きを演出してくれます。
こうしたガラス系被膜は普段のメンテナンスを大幅に軽減してくれます。

上記のように汚れを効率良く弾き塗装面を強力に保護する商品です。

通常のコーティング剤は高温度時に塗装内部に汚れが浸透する。
従来のコーティング剤では高温時に塗装内部に汚れが浸透しやすいという難点をもっております。また、静電気などで塗装面に油やホコリが付着してしまい、水滴と汚れが交わり塗装面に残ります。
結果、塗装面に汚れが残り被膜の内部に浸透します。

従来型のガラスコーティングやフッ素系コーティング・樹脂コーティングは撥水効果が期待できません。
しかし、GZOXリアルガラスコーティングは強い撥水効果が確認ています。
右 A社 ガラス系コーティング
中央 GZOXリアルガラスコーティング
左 B社 フッ素系コーティング

上記の事項からGZOXリアルガラスコーティングは優れた商品だということが確認出来ます。
さて、今までは撥水性ガラス系コーティングについて案内してきましたが、親水性ではどのような効果を得られるのでしょうか。

GZOXハイドロフィニッシュ

G’ZOX ハイドロフィニッシュは、超高硬度(鉛筆硬度9H)のガラス成分に特殊シリコーンを化学結合させた新しい疎水性ガラス系コーティングです。
と言っても鉛筆硬度9Hの成分に特殊シリコーンを混ぜ合わせているためガラス成分の濃度は薄くなります。そのため鉛筆硬度9Hの被膜は形成されませんが、
こちらの商品もガラス系コーティングなので、本物のガラスコーティング被膜より耐久性は衰えます。
断言できることは、フッ素系コーティングや樹脂系コーティング「ポリマー加工」より耐久性があるのは事実です。この疎水性被膜の利点は雨が降ることで水がボディをスルスル流れ落ちるので、汚れも一緒に流れ落ちます。水アカや汚れの固着も強力に防止します。ハイドロフィニッシュとリアルガラスコーティングの違い
リアルガラスコーティングとは撥水性被膜になります。水がコロコロと弾く商品のためデポジット「雨シミ」が付きやすいという難点があります。
一方ハイドロフィニッシュは水玉になりづらいため、焼き付きによる雨染みの付着に成功しました。
ではどちらを選ぶのが好ましいのでしょうか。それは駐車環境や洗車の頻度によっても異なると思います。ガレージ駐車で洗車をまめにする方は撥水性被膜でも何の問題もありません。ましてや洗車時に水玉がコロコロ弾くため、満足度も非常に高いと言えます。しかし、野外駐車で洗車をあまりされない方は水滴が乾いてしまい、デポジットになりやすいと言えます。
洗車の頻度や駐車環境を考慮して選ぶことをお勧めします。上記の図は施工してからの2000時間のコーティング被膜の接水角を表しております。
ガラスコートは節水角が安定せず環境に左右させている商品ということが分かります。ハイドロフィニッシュは新車塗膜と同じ接水角のため安定して水を弾いており、時間が経過してもコーティングの性能になんら問題がありません。
上記の写真は塗装面に水分をかけた時の図です。
塗装面に水分が馴染むように弾くため水滴の残りが少なくなります。
その結果水滴が焼き付いてデポジットになるのも未然に防ぎます。
ハイドロフィニッシュは雨と一緒に汚れも流れ落ちるため、綺麗な塗装面を長期間持続させてくれます。
上記の図でお分かりの通り洗車の頻度も劇的に減らすことが可能なのです。以上の観点からGZOXハイドロフィニッシュはあまり洗車をされない方や野外中車に適している製品です。また、濃色車などのデポジットが付きやすいと言われているカラーにもおすすめです。GZOXハイモースコート
ハイモース コートはモース硬度7という驚きの硬度を実現した商品です。モース硬度7の被膜は驚異のガラス被膜を形成します。※モース硬度
鉱物学者フリードリッヒ・モースが考案した鉱物に対する硬さの尺度。
硬さの尺度は1~10段階に分けられています。

耐擦り性能
耐摩耗性テスト 「耐洗浄性 ]

このテストは洗車スポンジに研磨剤が含まれているシャンプーで塗装面を洗浄試験機にて所定回数研磨洗浄を行いました。
従来撥水コーティングは洗浄回数を重ねるにつれて水滴の接触角度が、著しく低下しているのに対し、ハイモース コートは大きな低下が見られませんでした。従来撥水コーティングに比べ非常に優れた商品だということが分かります。

では、リアルガラスコーティングでも述べましたが、デポジットの付着はどうでしょうか?
テストパネルにGzoXリアルガラスコーティングとGZOXハイモースコートを施工したパネルを野外で半年間放置してみました。
1年間洗車も行いませんでした。その結果リアルガラスコーティングは雨染みが付着してしまい半年後には全く水分を弾かない結果となりましたが、ハイモースコートはデポジットの付着は見られましたが、水をかけるとコロコロと弾いている状態でした。

これからの結果からもハイモースコートの高い性能が分かります。

|無料相互リンク|まるるサーチ|PVランキング|相互リンク募集|クレジットカードの即日発行じゃけん|相互リンク探索マン|SEO対策相互リンク集|構文チェック済-SEO対策リンク集|初値予想|東京 クルージング|FX 自動売買ソフト|METRO LINK|Page Rank KING|