ディーラーでコーティングを施工する前に注意すること

様々なコーティングが存在している昨今、自動車ディーラーでもカーコーティングの需要があります。
ディーラーでコーティングを施工するなら、値引きを試みることが重要です。
ディーラーさんでは、ボディコーティングを値引きしてくれる店舗が多くあります。
車を買う代わりに、コーティングをサービスなんていうことも少なくありません。その辺をしっかりと考慮して車を購入するお店を選びましょう。同じメーカーでも販売店によって値引き金額やサービスの有無も違います。

もう一つ注意して頂きたいことはコーティングを施工する前に外注作業なのか、自社作業なのかを明確にしておくことです。外注作業ということは当たり前ですが、仲介マージンを取られます。そこにお金をかけるなら専門店を自分で探してコーティングをお願いした方が、耐久性や性能が高い商品を施工することが可能なのです。
日本のメーカーではほとんど自社ブランドのコーティングを開発しております。コーティングといってもポリマー系のコーティングからガラス系のコーティングからガラスコーティング、セラミックコーティングと幅も広くメーカーでもたくさんのコーティングを取り扱っております。

ディーラーで有名なコーティングといえば「CPCペイントシーラント」「QMIガラスコーティング」が筆頭ですね!CPCペイントシーラントは「ポリマー系」に属しています。一方QMIガラスコーティングは「ガラス系」に属します。ポリマー系とガラス系の大きな違いといえば「温度差」が挙げられます。ガラス系の方が熱による変化に強いため軟化しづらく汚れを巻き込み難いという特徴を持っています。ガラス系のデメリットとしては、Sioが主骨格になるために、ミネラルが固着しやすくシミになりやすいという弱点があるのです。

このデメリットをなくすために開発されたのが、キーパーラボで販売されている「ダイヤモンドキーパー」です。このコーティングはベースに「ガラス系」トップコートに「ポリマー系」を施工することによって、ガラス系の持つメリットとポリマー系の持つメリットを上手に活用しました。主観ではポリマー系の耐久性に疑問は残ります。

他ポリマー系は安価な商品として市場に出回っています。施工が比較的に楽な商品が多いのが流通を拡大したのでしょう。オートバックスなどの量販店やホームセンターなどでも多くのDIY商品が出回っていますね!

ガラス系のコーティングもDIY商品として人気も高いです。洗車のついでにできてしまう商品もたくさん出回ってきました。施工が楽=耐久性は劣る。ただしDIYでは施工が楽なので、気楽に出来る趣味として愛用されてきました。