ガラスコーティングをすると洗車が楽になる。

車を自分で洗車するときのアイテムといえばスポンジがほとんどだと思いますが、私はアクリル毛糸のたわしを使って洗車しています。
使い方はとっても簡単で、まずホースで水をかけて砂埃をある程度洗い流します。これは、その後にたわしで洗う時に傷がつかないようにするためです。スポンジ洗いのときも同じように注意書きが書かれていると思います。
砂埃を落としたらいよいよアクリルたわしの出番です。アクリル毛糸には細かい繊維があり、それで汚れをかき取ってくれるので、カーシャンプーは必要ありません。アクリルたわしを適度に濡らしながら、汚れを落としていきます。ドア一枚分くらいの面積を洗うごとに洗ったところを水で流してくださいね。
アクリルたわしは洗剤を使わないことから、エコたわしとも呼ばれ、食器洗いに良く使われています。
スポンジほどの厚みがなく、細かなところも汚れが落とせるのでとっても助かっています。長く使えてカーシャンプーも買う必要がないので経済的にも良いです。

カーコーティングしてある車には洗車は必須ですね。カーシャンプーもたくさんの種類がありますので、色々と検証してみたいと思います。

専門店でボディコーティングを施工して、そのプロショップ御用達のカーシャンプーを使う事で、周囲に差が出る愛車になるという確信はありますね。

せっかくボディコーティングを専門業者へ依頼しているんですから、気になる事や日々の手入れについて、しっかりと世間話も交えながら聞いておくことをお勧めします。

最近の車の形がどんどん丸くなってきているように思えます。
私が乗っている車はトヨタの20セルシオ後期なんですが見た目がとても良いと感じています。
今の車の形が卵的な感じや角に丸みをつけて未来感とかそういう感じのイメージな形状をしたらセダンや軽自動車などが多く目立つようになってきた街中を走っているとよく見かけます。
私はレトロはなので角張ったデザインが好きなので最近出ている車に全く魅力を感じていませんので古い方の中古車ばかり探して購入しています。
カワイイ感じの車ばかりではなく昔ながらの角張ったデザインのイカツイセダンを出して欲しいです。
内装や性能などはどんどん良くなっているのに形が苦手なのでとても購入しようと思いませんなので車選びのお気に入り大変困ります。
少しぐらいは昔ながらのデザインの車を新車で出してもいいんではないでしょうか。
いろんな形の車がなくては個性も出ないしみんな同じ車に見えていまい車好きの私としては見ていてとても退屈に思えます。

東京都周辺でガラスコーティングを施工してこの会社が見つかりました。作業も丁寧で安心してお任せできます。
東京都でガラスコーティング専門店ならアイアイシー