洗車時間がかなり短縮されます。

車のコーティングを施工することによって洗車の時間が短縮されます。
それはなぜかというと、セラミック加工されたフライパンをイメージしてください。何かしらの加工がされているフライパンを使用することによって、汚れ落ちが大変楽になります。洗剤を使用しなくても、水洗いで簡単に汚れを落とすことができるのも一つあります。
ボディコーティングも一緒で、塗装面にガラスコーティングをしておくことで、水洗いでも簡単に汚れを落とすことが可能です。

コーティングを施工することによって、見栄えの輝きを維持できると同時に、洗車を楽にするということも一つです。車のコーティングは、新車の時にするのが一番良いと思いますが、もちろんのことですが乗ってからでも十分役に立つと思います。コーティングの値段は5万~10万円ほどの金額がしますが、洗車した後にワックスがけしないで良いのはありがたいことですね。

保障は10年保証とは言われていますが、10年してもコーティングが効いていないと言うのは、聞いたことがないですね。10年以上となると、乗り出してから乗りつぶすことになるまで乗るのと、だいたい同じになってきます。コーテイングすることで、車の清掃などの時間の短縮、精神的な気持ちの持ちようが良くなるのであれば、安い買い物のようにも感じます。

洗車を行う際には、弱アルカリシャンプーを使用することが重要です。
洗車するだけで、まるでワックスをかけたような輝きになるのですから、気持ちが言いに決まっています。ガソリンスタンドの洗車機に入っても、コーティングが落ちることもないので、安心して入ることが出来ます。大きな車になればなるほど、対効果は抜群ですので、車の購入と同時に検討してみてはいかがでしょうか。

コーティングを施工すると洗車機に入れても塗装面にかかる負担を減らすことができるので、洗車機の洗車もOKです。以外にも洗車機はNGと解釈されている方も多いようですが、そんなことはありません。あまり洗車をしないよりも、マメに洗車機で洗ってあげたほうがきれいな状態を保つことができるのです。

そして、ワックスも不要になるということです。コーティングを施工することにより汚れを寄せ付けないため、ワックスなども不要になります。ワックスは油のようなものなので、逆に汚れやすくなったり、紫外線で劣化が進行してしまうこともあるので、十分に注意が必要です。

以上の事を踏まえて、お手入れを行うことで長期間綺麗な状態を保つことができるのです。